ニーチェの超人思想に関する論考 その2

ニーチェの凄いところは、約100年前の世界(実際は「西洋世界」とカッコつきの世界のことですが、現代ほどグローバルではない当時の地球の「世界」とは、西洋人にとっての世界(西洋世界)が「世界」だったということです)において、「神は死んだ」と宣言したことです。当時のこのキリスト教が支配的な世界の只中で、「神は死んだ」と言ったのです。 神…

続きを読むread more

ニーチェの超人思想に関する論考 その1

ニーチェの思想で先ず第一義にあるのは「永劫回帰」という思想です。 「すべてのものは平等に無価値であり、終わりも始まりもない永劫回帰という究極のニヒリズムから、運命愛にいたり、無から新価値を創造、確立する強い意志を持った者をニーチェは超人と呼んでいる。しがらみも伝統も秩序もまったくの無であるということは、そこからあらゆる新価値、新秩…

続きを読むread more

前置き

私の前のブログからの読者で、私の現在の居住地大阪の数少ない知人でもある「もりおん」さんから金曜日の夜に、「ブログの更新が一か月以上ありませんが、体調でもお悪いのかと思って、お電話しました」というお電話をいただきました。「いえ、元気です。単にサボっていただけです」と答えましたが、もりおんさんは記事の更新を楽しみにしてくださっているというこ…

続きを読むread more