ニーチェの超人思想に関する論考 その5

バシャール情報では、来年2020年はいよいよ「分岐」が本格化して二極化が激しくなる年だということですが、2019年の10月現在、そこに向けて、地球の住民の誰も避けることも止めることもできない「エネルギーの大波」ないし「大風」が吹き荒れているような体感があります。その「現象界への現れ」ともいえる、文字通りの大風である今回の台風19号も、私…

続きを読むread more

ニーチェの超人思想に関する論考 その4

ニーチェは世の「道徳」というものがどういった観念に依拠して成立しているかを論考しました。 最も基本的な道徳形態は「君主道徳(貴族道徳)」と「奴隷道徳」の二種類がある。君主道徳では行為が「良」と「悪」に分けられるのに対し、「奴隷道徳」では行為が「善」と「悪」に分けられる。君主道徳の主な特徴は、自己肯定、傲慢、主動であるのに対し、…

続きを読むread more

記事を書くつもりが

インプットの作業に入ってしまったので、アウトプット、つまり記事の発信を今回は(今回も?)見送らなくてはならなくなりました。 ニーチェ論考、前回の記事で「超人思想のアップデートを展開する」と予告しましたが、その前に「奴隷道徳と支配者道徳」をもう少し検証するためにネットで検索していたら、なかなか面白くて、まだ少し早いかもしれませんが「秋の…

続きを読むread more